【マイホーム記録】田舎の土地探し

マイホーム
Pocket
LINEで送る

マイホームを計画するうえで重要になってくるのが【土地問題】

どこに家を建てるのか、土地代はいくらなのか??
家を建てるのはもちろん初めてなので、何もかもが初心者。わからないことだらけでした。

そんな我が家の土地探しについての記録です。

田舎の土地探しの第一歩

私たち夫婦が住んでいる場所は北海道の田舎町。
なので都会に住んでいる方には全く参考にならないと思いますw

家を建てよう!と考え初めてから同時に土地探しもスタートしました。
田舎の中でも一応、中心部に住みたい!!という願望はあって
そこには実家もあったり姉の家もあったり、飲みに行くのも徒歩圏内。

ただ、田舎でも中心部には家を建てられるような良い土地がありませんでした・・・。

良い土地を見つけて役所の担当の人に聞いてみては
「そこは地盤が悪い・・・」「そこは公園を作る予定」「そこは道路を作る予定」と
ことごとく却下されイラつきました。

探して探して諦めかけた時に旦那が発見した1つの土地。
私の実家から徒歩2分ほどw

今までずっと実家に住んでいたのに、こんなところが空き地だったとは知らなかった・・・
というのも夏は草がボーボーだし、冬は雪山・・
こんなところに家が建つのかよ!!状態だったので死角でしたw

見つけた時の写真。

これは3月下旬。
雪が解け始めて、ゴミが出てきている状態w

でも、土地として考えると好条件!!
実家は近いし、中心部だし、とにかく108坪と土地が広い!!

めっちゃいい!!
もうここしかない!!
ここがいい!!

値段も誰が所有しているのかもわからないのに即決状態でした。

田舎の土地探し 自分で交渉

田舎の土地探しでは人伝えに連絡先を聞きながら地主さんと連絡を取るという方式です。

もちろん役所で売り出している土地もあるのですが
私はそこには住みたくない・・・場所が嫌、環境が嫌!
旦那はそこでも良いと言っていたのですが、私は断固拒否しました。

旦那が役所で聞いてくると、名前は聞いたことがあるけど
全然関わりのない人。
しかもその地主は亡くなっていて現在息子さんが所有しているとのことでした。

さぁ~どうする!?

まずは私の親友に地主さんの息子さん知らない?と聞いてみる。
すると⁉⁉

奇跡が起こったーーーーww

お母さんの同級生だよー!
そう私の親友のお母さんの、同級生でしたw

ただ連絡先は知らないとのこと。
でも知り合いを通じて土地のことを聞いてもらうことに!!

すると・・・
すぐに購入OKという言葉を頂きましたw

めちゃくちゃついているー--!
そんな感じで我が家は、知り合いを通じて土地の交渉をしてもらいました!

田舎の土地探し 本格的な土地の契約

知り合いを通じて、購入OKを頂きましたが
それからはハウスメーカーさんが中に入りやってくれました!!

個人間での土地の売買は後々何かあった際にトラブルになりやすいとのこと。
私達がお願いしたハウスメーカーさんでは土地契約のことは全て無料でお手伝いしてくれました。

本当にありがたい・・・。

お金のやりとりはもちろん、名義変更等。
全て無事終えて、希望の土地は旦那名義となりました\(^o^)/

▶▶ハウスメーカー・工務店を比較

田舎の土地探し 土地の価格

田舎の土地の値段は激安です。
都会には建てられない・・・都会でマイホームをお持ちの方本当に尊敬しています。

みんなどうやって家建ててるんだろう・・・。
確かに都会は田舎に比べ賃金が高いとはいえ、土地に1千万とか余裕でかかるみたいだし・・・
都会に住んでいたらマイホームは間違いなく諦めていました。

私の親戚も札幌でマイホームを建てた時、土地代だけで1千万と言っていました。
恐ろしい・・・。
どうやってローンを払っていくの!!??

まぁその分、都会では安いハウスメーカーさんもあるので良いのかもしれません。
田舎で家を建てるには、基本大手のハウスメーカー。
安いところで建てたい!!と思っても田舎まで来てくれるところは中々ありません。

モデルルームの見学に行っても、まず最初に
「〇〇町に建てれますか?」と聞いていましたw

基本、すでに建てているハウスメーカーはOKですが
近所で見たことがないようなハウスメーカーだとほぼNGでした・・・。

そんなこんなで、今回私達夫婦が購入した土地の価格は・・・
108坪 100万円でした!

大変お買い得なお買い物が出来ました。
地主さんに感謝しかありません。

田舎の土地探し まとめ

田舎の土地探しは簡単そうに思えて中々理想の場所を探すのは大変でした。

都会に比べて田舎の土地は格段に安いです。
本当にド田舎に限るかもしれませんが・・・w

土地にお金がかからない分、マイホームにお金をかけることができるので
田舎暮らしもおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました