1月23日放送【罠の戦争】第2話 感想

ドラマ感想
Pocket
LINEで送る




みひろ
みひろ

ご覧いただきありがとうございます。

みひろです♡

【罠の戦争】第2話の感想です。

2023年1月16日から始まった【罠の戦争】 
毎週月曜日 夜10:00に放送されています。

草彅剛さん主演の“復讐シリーズ”第3弾!


6年ぶりとなる草彅剛さん主演の‘‘戦争シーリズ‘
弱者による強き権力者への復讐劇!

愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、
悪しき政治家を失脚させるリベンジエンターテインメントです。

過去の復讐・戦争シリーズはコチラ↓↓

銭の戦争 Blu-ray BOX [Blu-ray]

価格:25,592円
(2023/1/26 10:20時点)

嘘の戦争 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 草ナギ剛 ]

価格:21,714円
(2023/1/26 10:25時点)

第2話 あらすじ

泰生(白鳥晴都)が歩道橋から突き落とされた事件をもみ消そうとする犬飼(本田博太郎)に、
激しい怒りの炎を燃やす亨(草彅剛)は、息子の命を軽んじた犬飼を失脚させようと決意。

私設秘書の梨恵(小野花梨)、新人秘書の眞人(杉野遥亮)の協力を得て、
まずは大臣の懐刀である、政策秘書の虻川(田口浩正)を排除する作戦に打って出る。

女性秘書に対するパワハラ、釈明会見での原稿ミスと、
犬飼のイメージを失墜させるミスを立て続けに起こした虻川だったが、それでも地位は盤石。

亨によれば、虻川は事務所の金庫番で、犬飼も知らない金の流れをすべて把握しているため、
うかつにクビにはできないという。

亨は、虻川の生命線ともいえる裏帳簿を何とかして手に入れようと画策。
その思惑に気づかれないよう、眞人には虻川の動きを見張ってほしいと頼む。

翌日、眞人は仕事を教わる名目で、朝から虻川と一緒に犬飼の地元へ。
亨に言われた通り、犬飼失脚のため、虻川の行動に目を光らせるが、
そこには、今は亡き大切な家族への思いが秘められていた――。

一方の虻川は、亨が自分を陥れようとしていることをすでに察知していた。
そして、亨が雑誌記者の熊谷由貴(宮澤エマ)と手を組み、
犬飼の息子・俊介(玉城裕規)の不正を暴こうとしていることを知った虻川は…。

▶▶ストーリー | 罠の戦争 | 関西テレビ放送 カンテレ (ktv.jp)

第2話 感想

第2話では政策秘書である虻川の排除に動き出す。
もう虻川を排除しちゃうの~!!って感じでしたww

あのムカつき加減をもう少し見たかった・・・

最後の最後まで本当にクズでしたね。

虻川は鷲津のことを疑い、どうにかしてその証拠を掴むため
鷲津と週刊誌記者の熊谷が密会している現場へ・・・

それも作戦だったのに、上手く騙されて虻川は熊谷の前で口を滑らせそれを週刊誌に載せられてしまいましたww

そのことで犬飼は激怒!!

次から次へと起こる事件に自暴自棄になった虻川はついに暴行事件を起こしてしまいました。
最終的にはその暴行事件を起こした相手が、まさか蛯沢くんの知り合いだったとは……ww

 鷲津は警察へ虻川を迎えに行き、息子の事件の真相を聞き出そうとするが
何も答えず・・・。

そこにやってきた犬飼の前で、鷲津は虻川の裏帳簿を犬飼に渡し、ついに虻川はクビに!!

 友人・鷹野によると、事件の日息子の泰生が乗っていたバスでフード姿の男と泰生がトラブルになっていたことが判明。
フードの男は泰生の後をつけていたのですが、警察上層部の指示で事故扱いに変更になったとのこと。

これを聞いた鷲津は、泰生が突き落とされたのは自分のせいだったと確信する。

来週がものすごく楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました