チョコレート嚢胞と子宮内膜症の関係は?

Pocket
LINEで送る

 

性交痛で奥が痛いのは子宮内膜症の疑いあり

 

 

チョコレート嚢胞とはどんな病気?

 
聞いたことはあるけど詳しいことはわからない・・・そんな女性は多いと思います。
私も自分がチョコレート嚢胞になるまでは、
 
そんな美味しそうな名前の病気があるなんて全く知りませんでした。
 
 
唯一聞いたことがあると言えば子宮内膜症という病気。
子宮内膜症と言われれば、ピン!と来る方も多いと思います。
 
 
チョコレート嚢胞は子宮内膜症という病気のひとつです
 
 
私が子宮内膜症・チョコレート嚢胞になって調べたことです。

専門的な知識では全くありませんので、あくまでも参考程度にお読みください。
 
 
子宮内膜症とは
 
子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、
女性ホルモンの刺激を受けて増殖する病気です。
 
子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、
その病変部は月経時に、子宮内膜と同じようにはがれて出血します。
 
これが卵巣内で増殖してしまうと、毎月の生理で卵巣内に古くなったチョコレート状の血液が
貯まっていき、生理のたびに卵巣が肥大していってしまうのがチョコレート嚢胞です。
 
 
子宮内膜症は生殖年齢にある女性の10~15%に存在するといわれていましたが
最近は私のように結婚していなかったり、初婚年齢や初産年齢があがっていること
また出産回数の減少により、生理が継続的に来るということで発症する方が
増えてきているようです!!
 
 
またチョコレート嚢胞はまれに癌化のリスクがあることに注意が必要です。
 
 
アラサー世代で未婚の方は生理痛が酷い・・・と感じたら
取りあえず婦人科を受診することをオススメします!!
 
 

子宮内膜症の原因

 
 
チョコレート嚢胞の原因は子宮内膜症ですが、その子宮内膜症の原因はというと
これといった原因がいまだ解明されていないようです。
 
ストレスからくるものだとか、冷えからくるものだとか言われていますが
実際は何が原因で起こるかはわかっていません。
 
何らかの理由によって子宮内膜の組織が子宮内面以外の場所に発生することで症状が出ると言われています。
 
そしてその子宮内膜症が卵巣内部に発症してしまうと卵巣が肥大・・・
生理の度に少しずつ卵巣内で出血を繰り返すことにより
血液成分がたまってチョコレート嚢胞というものが出来ていってしまいます。
 
チョコレート嚢胞は左右にある卵巣に片側・または両側に発生することがあります。
 
 

子宮内膜症の症状

 

チョコレート嚢胞の代表的な症状は、
 
・月経痛
 
・骨盤痛
 
・性交痛
 
・排便痛

などです(個人差がありますので参考程度に・・・)
月経を重ねるごとに強くなっていくというのが特徴です。

これらの症状は必ずしも全てが現れるわけではありません!!

ただ・・月経痛は多くの方が一番実感することだと言われています
不妊症の原因になることから、不妊症の検査を受けた際に初めて発見されるケースがあります。

 

また私がお医者さんに言われたのはチョコレート嚢胞の破裂や捻転がおきてしまうと
ものすごく強い痛みを感じ救急車を呼ばなければいけないことになる場合もあるという説明をうけました。

 

チョコレート嚢胞の破裂や捻転は至急開腹手術になるという説明をうけ
知らずに生活していた怖さを感じました

上記の症状から私が実際にあった症状は3つ。

【月経痛・性交痛・排便痛】でした!

 

子宮内膜症は不妊の原因にもなる

 
私がチョコレート嚢胞を発見したのはちょうど30歳の時でした・・・。
といってもこれは健診を受けた年齢なので
 
実際に発症していたのは25歳くらいかもしれません。
              (Yahoo!ヘルスケアを参照)
 

 

私が受診をしたお医者さんに言われたことは
「子宮内膜症は不妊の原因になります」ということでした!!
 
これから妊娠を希望しているのであれば早急に治療をしたほうが良いと言われたのです。
誰でも最初は赤ちゃんは普通にできるものだろうと思っていると思います。
 
不妊という言葉はどうしても、今現在予定がない人にとっては無縁の話のように感じてしまい
私の知識のなさが、子供を欲しいと思った時に不妊という結果を招いてしまうかもしれない
ということを感じ、不妊という言葉をとても身近に感じてしまいました。
 
 
実際、不妊の辛さはその立場になったことのある人にしかわからないと思います。
「大変だね・・」と言っても結局は他人事。
 
自分に子供がいれば特にそんな辛さは1ミリもわからないでしょう。
 
 
子供ができることは当たり前じゃない。
 
妊娠ができることは幸せなこと。
 
 
私は不妊になるかもしれないという現実を説明されてから深く考えるようになりました。
 
簡単な病気と思いがちかもしれませんが、
子宮内膜症・チョコレート嚢胞はこれだけ重大な病気なのです。
 
 
私も手術を経て、今現在まだ結婚もしていないので妊娠できるかどうかということは
実際まだわかりません。
 
そしてチョコレート嚢胞は再発の可能性もあるので
生理痛がちょっとあるだけで敏感になって「あれ?」っと不安になるのです。
 
 
もちろん不妊にはこれ以外の原因も考えられますが
子宮内膜症やチョコレート嚢胞にはそういったリスクも伴う危険があるということを
しっかりと理解しておくことが大切だと思います。
 
ま と め

子宮内膜症はかるい病気だと思われがちです。

でも生理痛の痛みは過酷でさらに不妊になるかもしれないというリスクがある
女性にとっては重大な病でもあります。

大丈夫・大丈夫と自分に言い聞かせて、病院行きを後回しにしてしまっている人も多いと思います。

ただ、それが私のように手術をしなくてはいけないほど悪化してしまう場合があるのです。

 

子宮内膜症の症状がある場合はすぐに婦人科へ行くことを強くオススメします!