タンポンの使い方とメリット・デメリットは?

生理用品

タンポンとは?

タンポンは生理用品のひとつです。

ナプキンはパンツに装着し外に出る経血を受け止める形ですが、

タンポンは体内に入れて、外に出てくる経血を体内で吸収するという形になります。

タンポンを使うことで生理中でも温泉やプールを楽しむ事ができます。

タンポンのメリットは?

①生理中でも快適に過ごせる

タンポンを着用することで普通の日と同じように、
温泉やプール、また運動を楽しむことが出来ます。

②モレの心配がなくなる

ナプキンは経血のモレが気になり、激しい運動や夜はとても不安になりますが
タンポンはモレの心配がありません。

タンポンとナプキンのW使いでモレの悩みは解消出来ます!

③ニオイが気にならない!

ナプキンはどうしてもムレてしまい長時間の着用では、ニオイが発生
またかゆみやかぶれが起こってしまうこともありますが
タンポンはそれが軽減できる!

④頻繁な取り替えがいらない

ナプキンだと頻繁に取り替えないといけませんがタンポンは
時間を守って使用し、その時間内であれば頻繁な取り替えなく使用できる。

 

タンポンのデメリット

①初めてだと違和感がある

慣れるまではタンポンを入れるのに違和感を感じたり、
入ってからも違和感を感じる場合があります。

通常タンポンを入れると違和感はありません
入れる場所が浅かったりしっかり入っていない場合は違和感を感じます。

またこれは個人差がありますが私はタンポンを抜く時の感覚がすごくイヤです。

②モレてしまう場合もある

これも慣れていなく、挿入場所が違う場合はタンポンでもモレてしまう場合があります。

私はこのパターン!何度使用してもタンポンなのにモレてしまいます…。
慣れてしっかり入れられるようになるまで温泉でも注意が必要です。

③着脱時に手が汚れてしまう

ナプキンで手が汚れることは一切ありませんが
タンポンは着脱時に手が汚れてしまう場合があります。

 

タンポンは生理の救世主

タンポンは生理中に制限のある行動を可能にしてくれた女性の救世主だと思います。

温泉やプールも通常通り楽しむことができ
正しく使えば女性にはとても嬉しいことばかり!

最近では生理カップという新しい生理用品も人気ですが、
生理カップは洗ったりと手間があるため手軽に利用できるタンポンはとてもオススメです。

ま と め

私は生理中、温泉を行く時にしかタンポンは使用しませんが、

タンポンがなければ温泉に入ることもできないのでとても助かっています。

使い慣れるまでは不安ですが、使ってみれば全く違和感はありません!

ただ私のように入れる場所が悪いとモレます!タンポンでも普通にモレてきます!なので注意が必要です。

(私だけか…笑)

 

タイトルとURLをコピーしました