チョコレート嚢胞【腹腔鏡手術】全身麻酔と硬膜外麻酔

チョコレート嚢胞手術

 

全身麻酔とは?

全身麻酔は、麻酔方法の一つ。

手術する部位のみを麻酔する局所麻酔に対し
全身麻酔は全身を麻酔するため意識が消失する。

全身麻酔が薄れるまでの間、患者は異変を訴えることができないので
麻酔科医が患者のそばで注意深く監視および観察する必要がある。

全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。
また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)
筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが

全身麻酔は基本的にはこれらの条件を全て満たす。

          フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

私はチョコレート嚢胞の手術をするまで全身麻酔を経験したことがありませんでした。

色々な方のブログを見て、麻酔をかけて次に名前を呼ばれた時には手術はもう終わっている。
と書いている人が多かったのですが本当にその通りです!!

腕から注射をされ、ちょっとピリピリするかもしれませんよー
眠くなってきますからねーと言われてるうちに…

秒殺記憶なし!!

私はピリピリ感も何も一切感じませんでした。

極度の心配性なので手術中に目覚めちゃったら!?
なんてものすごく心配していたんですが、そんな心配は無用です(笑)

ただ体質なのか、麻酔に中々かからない人もいるようで
私の友達は麻酔が全く効かなくて大変だったと聞きました。

ただこれは本当に稀なケースだと思います。

全身麻酔からの覚醒

手術が終わると【○○さん終わりましたよー】と起こしてくれます。

3時間も眠っていたという感覚は一切ありません。

起こされた時はボーっとした感じ。

でも私の場合は目覚めた習慣から強烈に足が痺れていたので
ボーっとしながら術後手術室ですぐに

【すいません足が痺れてるんですけど】と訴えていました(笑)

足の痺れを訴えた記憶はあるんですが、手術室から病室に戻る時の記憶があいまい…。

病室に母がいたんですが、眠くてそれどころじゃないという感じですぐに寝ました。

麻酔から覚めて具合が悪いということは一切なかったです。

硬膜外麻酔とは?

 

硬膜外麻酔とは、局所麻酔の一つ。

硬膜外腔に局所麻酔薬やオピオイドを投与することにより、
鎮痛を得るものである。

単独あるいは脊髄くも膜下麻酔、全身麻酔と併用される。

手術中の鎮痛の他、カテーテルを留置して術後鎮痛に使用される。

        フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

 

私が手術した病院では硬膜外麻酔は自分で選択する形でした。

手術の前日に麻酔科の先生から麻酔についての説明が行われます。
硬膜外麻酔のリスク等をしっかり聞いたうえで硬膜外麻酔はどうしますか?と聞かれます。

たしかに説明を聞くだけでは怖い…というのが正直な感想でした。

硬膜外麻酔をする時に動くと危険です等言われると
自分にできらるのかという不安が押し寄せてきます。

ただ術後の痛みも抑えられるという点だけで、
私はなにもわからず硬膜外麻酔をお願いしました。

でも結果私は硬膜外麻酔をしてもらって本当に良かったと思っています!

私の病院では翌日の手術までに、硬膜外麻酔やめたいと思ったら
言って下さいと柔軟に対応して下さいました。

 

硬膜外麻酔のやり方

私が硬膜外麻酔をやった時の流れです。

最初に横向きなり膝を抱えてくるんと体を丸くしました。

硬膜外麻酔をするところ、腰のあたりを消毒されてはじめに注射で麻酔をしました。
チクッとする感覚。

次に硬膜外麻酔の管?針?何かを背中?腰?あたりに入れていくと思うんですが、
この時に動いてしまうと危険みたいで、

再度【痛かったら痛い!と言って動かないで下さいね】と言われ

丸まってる私の上から、かぶさるようにして看護師さんが押さえつけてきました。

動くとかなり危険なんだと感じました。

ついに硬膜外麻酔!

痛かったら痛いって言って下さいねー入りますよー

1回目は結構痛かったので【痛いです!】と言うと麻酔を追加され、

2回目のチャレンジ!

 

2回目は全く感覚がなく終了しました。

正直はじめてだと、すごくビビります!
でも実際はそんなに大したことではありません(笑)

痛い時はすぐ口で痛い!と伝えればやめてもらえるので安心してください。

硬膜外麻酔の術後

術後、私の体にはロケットのようなものがくっついていました。

背中の管からこれにつながっています。

硬膜外麻酔は術後2日ほど体に付いていて、ずっと術後の痛みを緩和してくれました。

硬膜外麻酔をしなければ、術後の痛みは座薬や痛み止めを使用するようなのですが

おかげさまで、術後の痛みを感じることなく過ごすことが出来て硬膜外麻酔には感謝です!

ただ…最初は気にならなかったのに1日くらいたつと背中の針?管?が入ってる部分が痛い…。
激痛ではなく違和感があるような感じの痛み。

寝返りするにも違和感でちょっとイヤな感じです。

看護師さんに背中が痛いですと言ったら今日抜けるんで大丈夫ですよーと言われ

抜く時は痛みもなく秒で抜けました(笑)

ま と め

これから手術で不安を抱えている人は多いと思います。

私も全身麻酔の不安はとても大きかったです。

ただ終わってみると想像していたよりもこんなもん?って感じが正直な感想です。

私は麻酔による苦痛は全くありませんでしたし、硬膜外麻酔には感謝しています。

私のようなビビリでも乗り越えられたので絶対大丈夫!

手術前にはしっかりと麻酔についても説明があると思うので
不安なことは、そのままにせずしっかり伝えたほうが良いと思います!

 

タイトルとURLをコピーしました